相続の前に生前贈与を考える

被相続人が死亡する前(つまり生きているうち)に
自分の財産を、 生前に贈与することによって、将来負担すべき税金
(相続税)を少しでも押さえる対策をすることを
生前贈与といいます。
生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、
自分の財産を人に分け与える行為です。
個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できることとなっています。
また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えることもできます。
さて、生前贈与の際の注意点として、
まずは、贈与税と相続税の分岐点をチェックしましょう。
それから遺産分割のトラブルとならないようにしなければなりません。
実際の生前贈与のやり方をみてみましょう。

贈与税は暦年で課税され、1年間に
基礎控除額が110万円となります。
年間で110万円以下の贈与については課税されず、申告も不要です。

みなし贈与に注意!

・・・・本来の意味の贈与でなくても実質的に経済的な利益が
ある場合には、贈与を受けたこと と同じと解釈して贈与を
成り立たせることがあります。このような贈与を「みなし贈与」と
いいます。ようするにお互いの意識がなくても実質的には贈与と同じとされ
贈与税がかかってしまうというものです。

例としては・・・・・・・・

贈与により取得したとみなされる財産は、

具体的には次のようなものがあります。

1、生命保険の保険料負担者と、保険金や満期金の受取人が異なる場合
2、低額譲受
3、債務免除
4、親族間の無利息の金銭消費貸借
5、無償の名義変更
6、不動産購入の持分割合が異なる場合
7、掛け金を負担していない定期金の受取
8、贈与税の肩代わり

税金が相続登記に必要だから相談をする
不動産を相続する人が登記を申請する手伝いを司法書士はできるのですね。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む