相続税の課税率はどのくらいかを知ると怖い

■何パーセント課税されるか?
相続税の額を計算するためには、まず相続税の対象となる財産の額(課税価格)を求めます。それぞれ相続人や遺贈者(遺言で財産を受け継ぐ人)ごとに課税価格を算出します。この数字が出たら次に、その金額をすべて合計し、そこから法律で定められた相続税の基礎控除額を引きます。この額が課税遺産総額、すなわち実質的な財産額から基礎控除額を差し引かれた額となります。

相続税の基礎控除額は、
・相続全体で5.000万円
・さらに法定相続人1人につき1.000万円を加算できます。
課税価格-    相続税の基礎控除額*1   = 課税遺産総額
(5.000万円+ @1.000万円×法定相続人の数)

*相続税の基礎控除額・・相続税の総額を計算するときに課税価格の合計額から差し引く控除額で、相続税の課税最低限度額でもあります。課税価格の合計額が基礎控除額以下であれば、相続税は課税されないことになります。法定相続人がいない場合の基礎控除額は、5.000万円となります。 例えば、課税価格の合計額が3億円で、法廷相続人が配偶者と子供2人の場合、

3億円-(5.000万円+@1.000万円×3人)=2億2.000万円と、
課税価格から8.000万円を控除した2億2.000万円が課税遺産総額となります。

不動産を相続して登記する横浜の専門団です
相続登記して所有者を変更するには登録免許税がかかります。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む