カテゴリー: たかが税金とは思えないほどの負担がある

死亡保険金の受取と相続に注意しよう

亡くなった方の相続財産ではない点に注意してください。

まず死亡保険金については、受け取る方が特定されていれば、その方が当然に受け取れる固有の財産ということです。亡くなった方の相続財産ではない点に注意してください。つまり相続放棄をしていても受け取れる点です。また死亡退職金についても、同様です。


“死亡保険金の受取と相続に注意しよう”の詳細は »

相続の前に生前贈与を考える

生前贈与の際の注意点として、まずは、贈与税と相続税の分岐点をチェックします。それから遺産分割のトラブルとならないようにしなければなりません。

被相続人が死亡する前(つまり生きているうち)に
自分の財産を、 生前に贈与することによって、将来負担すべき税金
(相続税)を少しでも押さえる対策をすることを
生前贈与といいます。
生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、
自分の財産を人に分け与える行為です。
個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できることとなっています。
“相続の前に生前贈与を考える”の詳細は »

相続税の課税率はどのくらいかを知ると怖い

それぞれ相続人や遺贈者(遺言で財産を受け継ぐ人)ごとに課税価格を算出します。

■何パーセント課税されるか?
相続税の額を計算するためには、まず相続税の対象となる財産の額(課税価格)を求めます。それぞれ相続人や遺贈者(遺言で財産を受け継ぐ人)ごとに課税価格を算出します。
“相続税の課税率はどのくらいかを知ると怖い”の詳細は »

納税のための対策と相続とする更地

相続財産そのものを税に充てる場合は「物納」といって土地などの場合は実測や樹木、整地などの条件をきちんと満たさなければならん。

相続税の申告は原則として相続開始があったことを
知った日の翌日から、10か月以内に行うこととなっています。

そしてこの申告日までに現金で一括納入しなければいけません。
“納税のための対策と相続とする更地”の詳細は »