遺言書と検認という制度とその趣旨を知る

検認とは遺言書の形式や内容を相続人に対して遺言の存在や内容の状態、日付、署名などを明確にし、偽造や変造を防止するための手続きのことを指します。

検認とは遺言書の形式や内容を相続人に対して遺言の存在や
内容の状態、日付、署名などを明確にし、偽造や変造を防止するための手続きのことを指します。
遺言が有効であるか、無効であるかを見るような手続きではありません。
“遺言書と検認という制度とその趣旨を知る”の詳細は »

納税のための対策と相続とする更地

相続財産そのものを税に充てる場合は「物納」といって土地などの場合は実測や樹木、整地などの条件をきちんと満たさなければならん。

相続税の申告は原則として相続開始があったことを
知った日の翌日から、10か月以内に行うこととなっています。

そしてこの申告日までに現金で一括納入しなければいけません。
“納税のための対策と相続とする更地”の詳細は »

最新の記事 »