相続人とされる側との関係を法律でみる

相続人と被相続人の関係は、民法によって定められています。

民法で定められている相続人と、その相続する順位(後順位の人は、先順位の人がいないときに相続人となる)、並びに法定相続分
(同順位の者が複数いる場合の各自の相続分は均等になる)
は次のとおりです。

民法900条

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
1.子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。
2.配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。
3.配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。
4.子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。 ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

☆ 相続人となる順位
* 配偶者      常に相続人となる
* 子 ( 養子も含む )
第1順位、配偶者とは同順位
* 直系尊属 ( 父母、祖父母等 )
第2順位、配偶者とは同順位
* 兄弟姉妹      第3順位、配偶者とは同順位

☆ 法定相続分
* 配偶者と子が相続人の場合      それぞれ2分の1
* 配偶者と直系尊属が相続人の場合      配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
* 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合      配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む