非嫡出子の相続分はいまのところこうなる

非嫡出子とは・・・
婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。
ただし、非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になります
非嫡出子が、親の相続で、子供として相続する場合と
非嫡出子が、兄弟の相続で、兄弟として相続する場合があります。
準正・・・・父親、母親に婚姻(結婚)によって、
非嫡出子を、嫡出子に昇格させることをいいます。
民法第900条  法定相続分:
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、
次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分 の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。
※他の親族の該当者が複数存在する場合は相続分の中から均等分にするとしています。
※婚外子(非嫡出子)の相続分について・・・
「本件規定が極めて違憲の疑いの濃いものである
……相続分を同等にする方向での法改正が立法府により可及的速やかになされることを強く期待するものである。」という、付言判決を下しています。( 最高裁判所:2003年(平成15年)3月31日)。

非嫡出子とは・・・
婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。
ただし、非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になります
非嫡出子が、親のそうぞくで、子供としてそうぞくする場合と
非嫡出子が、兄弟のそうぞくで、兄弟としてそうぞくする場合があります。
準正・・・・父親、母親に婚姻(結婚)によって、
非嫡出子を、嫡出子に昇格させることをいいます。
民法第900条  法定そうぞく分:
同順位のそうぞく人が数人あるときは、そのそうぞく分は、
次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者がそうぞく人であるときは、子のそうぞく分及び配偶者のそうぞく分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属がそうぞく人であるときは、配偶者のそうぞく分は、三分の二とし、直系尊属のそうぞく分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹がそうぞく人であるときは、配偶者のそうぞく分は、四分の三とし、兄弟姉妹のそうぞく分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自のそうぞく分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子のそうぞく分は、嫡出である子のそうぞく分 の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹のそうぞく分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹のそうぞく分の二分の一とする。
※他の親族の該当者が複数存在する場合はそうぞく分の中から均等分にするとしています。
※婚外子(非嫡出子)のそうぞく分について・・・
「本件規定が極めて違憲の疑いの濃いものである
……そうぞく分を同等にする方向での法改正が立法府により可及的速やかになされることを強く期待するものである。」という、付言判決を下しています。( 最高裁判所:2003年(平成15年)3月31
婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。
ただし、非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になります
非嫡出子が、親のそうぞくで、子供としてそうぞくする場合と
非嫡出子が、兄弟のそうぞくで、兄弟としてそうぞくする場合があります。
準正・・・・父親、母親に婚姻(結婚)によって、
非嫡出子を、嫡出子に昇格させることをいいます。
民法第900条  法定そうぞく分:
同順位のそうぞく人が数人あるときは、そのそうぞく分は、
次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者がそうぞく人であるときは、子のそうぞく分及び配偶者のそうぞく分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属がそうぞく人であるときは、配偶者のそうぞく分は、三分の二とし、直系尊属のそうぞく分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹がそうぞく人であるときは、配偶者のそうぞく分は、四分の三とし、兄弟姉妹のそうぞく分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自のそうぞく分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子のそうぞく分は、嫡出である子のそうぞく分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹のそうぞく分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹のそうぞく分の二分の一とする。
※他の親族の該当者が複数存在する場合はそうぞく分の中から均等分にするとしています。
※婚外子(非嫡出子)のそうぞく分について・・・
「本件規定が極めて違憲の疑いの濃いものである
……そうぞく分を同等にする方向での法改正が立法府により可及的速やかになされることを強く期待するものである。」という、付言判決を下しています。( 最高裁判所:2003年(平成15年)3月31日
«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む