株式を分っておくと一つ賢くなる

株式を相続して、名義変更をする場合には
信託銀行または証券代行会社で名義変更手続きを
行います。

必要な書類は

○遺産分割協議書または遺言書
○同意書

遺産分割協議がある場合、所定の同意書などの
記入は必要がないこともあります。

○株式名義書書き換え請求書(兼株主表)
○相続人の除籍謄本

通常発行期限を指定されることはないのですが、
信託銀行や証券代行会社によっては
期限をつけることもあるので事前に確認をとってください。

○全相続人の戸籍謄本

除籍謄本同様、事前に原本を戻してもらえるのか
確認をしてみましょう。通常発行期限を指定されることは
ないのですが信託銀行や証券代行会社によっては
期限をつけることもあるので事前に確認をとってください。

○全相続人の印鑑証明書

印鑑証明書には発行期限が定められています。
通常は3か月以内です

○株券・・・・株券が発行されていればつけてください。
もし紛失してしまったら手数料が再発行に対しては必要となります。
株券が発行されていない場合には不要です。

お持ちの株券の株数によっては、相続税が発生する可能性もあります。
株券に関する手続きを代行している、
信託銀行にお問い合わせになることをお勧めします。必要書類等、
丁寧に教えてくれます。

証券会社に口座がなくても、名義変更はできますので、
とりあえずは、下記信託銀行にお問い合わせください。

いきなり証券会社に行くと、すぐに営業モードになりますので、
今はネット証券等、売買手数料が安いところもあります。
すぐに売却を考えているのでなければ、
お勧めしません。
(すべて証券会社が手続きを代行してくれたとしても、
手数料はタダではありません。
大手の信託銀行であれば、タダでやってくれます。)

一般的な名義変更の際の必要書類(相続の場合)
株式名義書換請求書(兼株主票)株券
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
法定相続人の戸籍謄本
法定相続人全員の住民票(本籍地記載)又は戸籍の附表
法定相続人の全員の印鑑証明書
遺産分割協議書

»
 

トラックバックURL