相続の前に遺言のサンプル

遺 言 書
本籍     東京都○○区○○町○○丁目○○番

住所     東京都○○区○○町○○丁目○○番
遺言者   プラトン 太 郎
私は下記のとおり遺言する。
第1条   下記の不動産はxxxxxxに相続させる。
(1)土地 所在     東京都○○区○○町x丁目
地番     x番x
地目     宅地地積     xxxx㎡

(2)家屋 所在     東京都○○区○○町x丁目x番地x

家屋番号  x番
種類     居宅
構造     木造2階建
床面積   1階xxx㎡
2階xxx㎡

第2条   前条の不動産以外の財産は、子○○、○○にそれぞれ2分の1ずつ相続させる。

第3条   遺言執行者として下記の者を指名する。
東京都○○区○○町○○丁目○○番
xxxxx
上記のとおり遺言した。
平成○○年○月○日

遺言者   プラトン 太 郎    印
注意:

1.遺言書の用紙
保存適する用紙を使用することが望ましい。
和紙・洋紙のどちらでもよい。ただし、裏紙や切れはしはやめること。
2.筆記用具
ペン・ボールペン・筆などを使用することが必要。
鉛筆で作成された遺言書は簡単に第三者が勝手に変更したりすることができ、遺言者の真意が曲げられるおそれがあるため原則無効。
遺言の内容全文を自書すること遺言書を作成した人の筆跡を明らかにするためのものであることから、

他人が代筆したものやワープロなどで作成したものは無効。
日付を自書すること
遺言者の遺言能力の有無や二通以上の遺言書が発見された場合に
その前後を確定する為に必要となるため。
日付は年月日のすべてを記載する
(遺言書を作成した日が特定できるように。)
署名
遺言書に署名する氏名については、戸籍上の氏名に限らず、遺言を作成されるものが通常使用している雅号や芸名などであっても遺言者との同一性があれば有効。

押印
押印は、実印に限らず、認印や三文判であってもよい。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む