株式を相続される場合は特別口座にも預け入れがないか確認を

株券電子化により預託されなかった上場会社の株券について、金融機関(通常は株主名簿管理人)に開設された口座を特別口座といいます

今日から6月です。もうすぐ梅雨入りですね。
じめじめした季節はいやですが、雨にぬれたアジサイは風情があって大好きです。
“株式を相続される場合は特別口座にも預け入れがないか確認を”の詳細は »

非嫡出子と嫡出子の相続分は同等です

現在は、相続での非嫡出子の差別的な取り扱いはなくなりました。

非嫡出子というのは、正式な婚姻(つまり戸籍の届出)をしていない男女の間に生れた子供のことです。父親が分からない場合や、父親が認知をしていても正式な夫婦でない場合の子どもは非嫡出子です。
“非嫡出子と嫡出子の相続分は同等です”の詳細は »

相続人とされる側との関係を法律でみる

相続人と被そうぞく人の関係は、民法によって定められています。

相続人と被相続人の関係は、民法によって定められています。

民法で定められている相続人と、その相続する順位(後順位の人は、先順位の人がいないときに相続人となる)、並びに法定相続分
(同順位の者が複数いる場合の各自の相続分は均等になる)
は次のとおりです。
“相続人とされる側との関係を法律でみる”の詳細は »

非嫡出子の相続分はいまのところこうなる

非嫡出子が、親の相続で、子供として相続する場合と非嫡出子が、兄弟として相続する場合があります。

非嫡出子とは・・・
婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。
ただし、非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になります
非嫡出子が、親の相続で、子供として相続する場合と
非嫡出子が、兄弟の相続で、兄弟として相続する場合があります。
準正・・・・父親、母親に婚姻(結婚)によって、
非嫡出子を、嫡出子に昇格させることをいいます。
“非嫡出子の相続分はいまのところこうなる”の詳細は »

死亡保険金の受取と相続に注意しよう

亡くなった方の相続財産ではない点に注意してください。

まず死亡保険金については、受け取る方が特定されていれば、その方が当然に受け取れる固有の財産ということです。亡くなった方の相続財産ではない点に注意してください。つまり相続放棄をしていても受け取れる点です。また死亡退職金についても、同様です。


“死亡保険金の受取と相続に注意しよう”の詳細は »

相続の前に生前贈与を考える

生前贈与の際の注意点として、まずは、贈与税と相続税の分岐点をチェックします。それから遺産分割のトラブルとならないようにしなければなりません。

被相続人が死亡する前(つまり生きているうち)に
自分の財産を、 生前に贈与することによって、将来負担すべき税金
(相続税)を少しでも押さえる対策をすることを
生前贈与といいます。
生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、
自分の財産を人に分け与える行為です。
個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できることとなっています。
“相続の前に生前贈与を考える”の詳細は »

相続の前に遺言のサンプル

遺言を作成されるものが通常使用している雅号や芸名などであっても遺言者との同一性があれば有効です。

遺 言 書
本籍     東京都○○区○○町○○丁目○○番

住所     東京都○○区○○町○○丁目○○番
“相続の前に遺言のサンプル”の詳細は »

期日までに税金を支払いえない時のこと

不動産や株式といった現金化するにあたり時間がかかる資産が存在することも事実だ。

延納について

相続税の納税は、申告期限までに原則現金一括で
納税しなくてはいけないのです。
“期日までに税金を支払いえない時のこと”の詳細は »

株式を分っておくと一つ賢くなる

お持ちの株券の株数によっては、相続税が発生する可能性もあります。

株式を相続して、名義変更をする場合には
信託銀行または証券代行会社で名義変更手続きを
行います。

必要な書類は

○遺産分割協議書または遺言書
○同意書

遺産分割協議がある場合、所定の同意書などの
記入は必要がないこともあります。
“株式を分っておくと一つ賢くなる”の詳細は »

相続税の課税率はどのくらいかを知ると怖い

それぞれ相続人や遺贈者(遺言で財産を受け継ぐ人)ごとに課税価格を算出します。

■何パーセント課税されるか?
相続税の額を計算するためには、まず相続税の対象となる財産の額(課税価格)を求めます。それぞれ相続人や遺贈者(遺言で財産を受け継ぐ人)ごとに課税価格を算出します。
“相続税の課税率はどのくらいかを知ると怖い”の詳細は »

« 過去の記事